Kotion Each G2000ヘッドセットを使用していて、マイクが機能しないという問題が発生している場合でも、心配する必要はありません。この投稿では、多くのユーザーがヘッドセットマイクを機能させるのに役立つ4つの簡単な修正について説明します。



それらすべてを試す必要はありません。あなたのためにトリックをするものが見つかるまで、ただ下に向かって進んでください。

  1. ハードウェアの問題のトラブルシューティング
  2. マイクの設定を確認してください
  3. オーディオドライバーを更新する
  4. ヘッドセットマイクへのアクセスを許可する

修正1-ハードウェアの問題のトラブルシューティング

まず、考えられる原因としてハードウェアの誤動作を排除する必要があります。したがって、ヘッドセットが安全かつ正しく接続されていることを確認し、以下の手順で基本的なチェックを行ってください。



  • 試してみてください ヘッドセットを別のマイク入力ジャックに接続する 以前に使用したものが壊れた場合に備えて。
  • ヘッドセットを別のコンピューターに接続します デバイスに損傷がないかどうかをテストします。どちらも機能しない場合は、デバイスが破損している可能性があります。さらにサポートが必要な場合は、Kotionにお問い合わせください。

ハードウェアが正常に動作していることを確認しても問題が解決しない場合は、マイクの設定またはオーディオドライバーに問題がある可能性があります。次に、さらに修正を見つけるために読み続けてください。


修正2–マイクの設定を確認する

Kotion Each G2000ヘッドセットマイクが無効になっているか、デフォルトデバイスとして設定されていない場合、またはマイクがミュートされている場合、期待どおりにサウンドが再生されません。ただし、心配しないでください。簡単に正しく設定できます。

1) キーボードで、 Windowsロゴキー そして R 同時に、実行ボックスを呼び出します。



2) 次に、 コントロール をクリックします OK

3) 選択する 小さなアイコン見る者 。次に、をクリックします

4) クリック 録音 タブ。次に、空の場所を右クリックしてチェックマークを付けます 無効なデバイスを表示する

5) Kotion Each G2000ヘッドセットマイクが無効になっている場合は、右クリックして[ 有効にする

6) マイクがデフォルトのデバイスとして設定されていることを確認してください。そうでない場合は、それをクリックしてクリックします デフォルトに設定

7) 右クリック マイクロフォン をクリックします プロパティ

8) クリック レベル タブ。マイクがミュートされている場合は、 スピーカーアイコン ミュートを解除します。次に、スライダーをにドラッグします マイクの音量を最大に設定します

9) クリック OK

マイク設定を正しく構成したので、Kotion EachG2000マイクが正しく機能するかどうかを確認します。そうでない場合は、次の修正に進みます。


修正3–オーディオドライバーを更新する

マイクが機能しないという問題は、オーディオドライバが間違っているか、故障しているか、古くなっていることを示している可能性があります。したがって、オーディオドライバを更新して、問題が解決するかどうかを確認できます。

ヘッドセットの製造元から最新のサウンドドライバーをダウンロードして、手動でインストールできます。ただし、このプロセスは少し時間がかかり、エラーが発生しやすくなります。ドライバーを手動で更新する時間、忍耐力、スキルがない場合は、次の方法で自動的に更新できます。 ドライバーが簡単

ドライバーが簡単 システムを自動的に認識し、適切なドライバを見つけます。コンピューターが実行しているシステムを正確に知る必要はありません。ダウンロードするドライバーを間違えることに悩まされる必要もありません。また、インストール時に間違いを心配する必要もありません。

ドライバーは、次のいずれかを使用して自動的に更新できます。 自由 または プロバージョン ドライバーの簡単。しかし、 プロバージョン たった2ステップで完了します(完全なサポートと30日間の返金保証が受けられます)。

1) ダウンロード DriverEasyをインストールします。

2) Driver Easyを実行し、 今スキャンして ボタン。 Driver Easyは、コンピューターをスキャンして、問題のあるドライバーを検出します。

3) クリック 更新 フラグが立てられたオーディオドライバーの横にあるボタンをクリックして、このドライバーの正しいバージョンを自動的にダウンロードし、手動でインストールできます(これは、 自由 バージョン)。

またはクリック すべて更新 の正しいバージョンを自動的にダウンロードしてインストールする すべて システムに不足している、または古くなっているドライバー(これには、 プロバージョン –をクリックすると、アップグレードするように求められます すべて更新 )。

必要に応じて無料で行うことができますが、一部は手動です。
DriverEasyのProバージョン 完全なテクニカルサポートが付属しています。
サポートが必要な場合は、お問い合わせください DriverEasyのサポートチーム support@drivereasy.com

次に、Kotion EachG2000マイクがどのように機能するかを確認します。

マイクが機能しないままで、Windows 10を使用している場合は、もう1つの方法を試すことができます。


修正4–ヘッドセットマイクへのアクセスを許可する

Windowsシステムと特定のアプリケーションによるマイクへのアクセスを制限している場合、正しく機能しません。権限を付与する方法は次のとおりです。

1) キーボードで、 Windowsロゴキー そして 同時に、Windowsの設定メニューに入ります。

2) クリック プライバシー

3) クリック マイクロフォン 左側のペイン。次に、をクリックします 変化する 、および確認してください このデバイス用のマイク になっています オン

4) 確認してください アプリにマイクへのアクセスを許可する オンになっています。

5) 下にスクロールして デスクトップアプリにマイクへのアクセスを許可する セクションを開き、この設定をオンにしてください。

上記の手順を完了すると、Kotion EachG2000マイクは正常に機能するはずです。


この投稿がお役に立てば幸いです。ここに記載されていない質問、提案、または代替ソリューションがある場合は、以下にコメントを残して共有してください。

  • ヘッドセット
  • マイクロフォン
  • 音の問題